メニュー  

  特集記事  




お得なキャンペーン情報!!


  海外ツアーや旅行に関する、今だけのお得なキャンペーン情報をまとめました‼
  期間限定ですので、お見逃さずに

※直接キャンペーンサイトにジャンプします。

特集記事!!


  インド旅行を計画している人には必見です‼
  ひゅーの視点で、いろいろと比較・検討してみました。リンクも貼ってあるので、詳細ページにすぐに飛んでチェックできます




2014年01月02日

インドの凧揚げ祭り ウッタルナラヤン

みなさま、明けましておめでとうございますexclamation×2
本年も、当サイトをどうぞよろしくお願いします

お正月ですねるんるん
お正月と言えば、みなさん何を思い出すでしょうかexclamation&question

でも、最近の正月は、だいぶ季節感がなくなりましたよねたらーっ(汗)
昔は、お店もどこも休みでしたし、娯楽もそれほどなかったですからね。
正月は暇でのんびり過ごすことが多かったですが、最近は普段の生活に正月というイベントがつけたされた感じで、正月ならではのことって少なくなりましたよねあせあせ(飛び散る汗)

特に、お正月の遊びは大きく変わったと思います。

昔はテレビゲームもDVDもありませんから、カルタ・凧揚げ・トランプ・ボードゲームとかでみんなで遊ぶことが多かったと思います。

特に、凧上げはもうほとんど見かけませんねぇあせあせ(飛び散る汗)
住宅も電線も多いですからね。凧を揚げる場所が少ないですよね。

ところが、インドでは凧上げはとてもポピュラーです。
でも、正月に揚げるわけではないですけどね。

インドには、毎年1/14頃に、「マカラ・サンクラーンティ(Makar Sankranti)」「ウッタラヤン(Uttarayana)」と呼ばれる「凧揚げ祭り(カイト・フェスティバル)」が行われます。
特に、グジャラート州では盛んに行われます。
この日は、インドでは子どもだけでなく、大人も一緒に凧を1日中揚げます

凧は、紙と竹でできたひし形シンプルなものが多く、道端から自分の家の屋上から、ところかまわずたくさんの凧が挙げられます
カラフルな凧がいっぱい上がっているし、見ていても楽しそうですからねわーい(嬉しい顔)

凧揚げ祭りは、基本的に1日だけですが、その前後数日は、凧を揚げる子どもをしばらく目にします。

この凧揚げ祭り、終わったあとがまたすごいんですexclamation×2

街のあちこちに凧が引っかかって、木の枝や電線などいっぱい凧がぶら下がっています。
危ないですよ・・・たらーっ(汗)

でも、特に電力会社が電線に引っ掛かった凧を取るでもなく、ずっと放置されますあせあせ(飛び散る汗)
この辺が、やっぱりインドですね。

1/14頃にインドに行く方は、インドの凧揚げも見てみてはいかがですかexclamation&question


posted by ひゅー at 21:11| Comment(2) | TrackBack(0) | インドはどんな国? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バングラデシュの作家khaled hosseiniの "the kite runner"という本で凧上げコンテストの場面を読んだことがあります インドでも凧上げが人気なんですね!食べ物も似ているしやっぱりお隣さんなんですねー
Posted by トゥラリロロ at 2014年01月04日 21:47
トゥラリロロさん、コメントありがとうございます。

「the kite runner」という本は知りませんでしたが、「君のためなら千回でも」という邦題で、映画化もされている有名な本なんですね (^_^;)

バングラディッシュとインド、そしてパキスタンは、元々はひとつの国で同じ人種でもあります。
宗教上の理由で国は分割しましたが、生活習慣も文化もほとんど同じですし、言葉もどことなく似ています。

バングラディッシュとインドの関係は、身近なところでは韓国と北朝鮮の関係に似ているように思います。

いつか、ひとつの国に戻るといいんですけどね...。
Posted by ひゅー at 2014年01月04日 23:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



あると便利な旅行グッズ特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。