メニュー  

  特集記事  




お得なキャンペーン情報!!


  海外ツアーや旅行に関する、今だけのお得なキャンペーン情報をまとめましたexclamation×2
  期間限定ですので、お見逃さずに
exclamation×2
 ※ 直接キャンペーンサイトにジャンプします。

特集記事!!


  インド旅行を計画している人には必見ですexclamation×2
  ひゅーの視点で、いろいろと比較・検討してみました。リンクも貼ってあるので、詳細ページにすぐに飛んでチェックできます
exclamation×2




2013年05月16日

インド ヒンズー教における仏教

インドで最大で大多数を占める宗教は「ヒンズー教」です。
でも、日本に広く普及している「仏教」は、元々はインドで生まれた宗教です。仏陀が悟りを開いたのもインドのブッダガヤにある菩提樹の木の下ですし、インドでは昔は仏教が広く普及していました。

仏教もヒンズー教も、元々はバラモン教から派生していて、内容的にも似ているところも多くあります。
しかし、決定的に違うのは、ヒンズー教はカースト制度を支持しているのに対し、仏教はカースト制度を否定しています。

そのあたりから、ヒンズー教の中での仏教の位置づけも変わってきて、仏陀がヴィシュヌ神の生まれ変わりと言うことに変わりはないのですが、「悪魔にだまされた」とか「わざと偽の教えを説いている」とかいろいろな解釈が入り、仏教はヒンズー教の中ではかなり低く見られているのが実態です。

インド人も、仏教の話になると、「ヒンズー教の一部」だとか「仏陀はヒンズー教の9番目の神様だ」とか、いろいろなことを言ってきて、仏教を下に見る傾向があります。

とは言っても、ヒンズー教も多神教ですので、仏教も含め他の宗教を認め受け入れるところはいいところですね。

インドでは、仏教はかなりマニアックな宗教なので、ほとんどお寺を見かけることはありません
デリーやムンバイのひとつ見るかどうかの程度です。

でも、お土産屋に行くと、木彫りの釈迦像とかはよく見ます。
これは、明らかに日本人などの観光客向けであって、インド人が仏教を信じているからではないんですexclamation×2

個人的には、ヒンズー教は神道と仏教の両方を足したような宗教なので、日本人には理解しやすいと思いますわーい(嬉しい顔)



posted by ひゅー at 22:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | インドの宗教ってどんな感じ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お釈迦様が生まれたのは無憂樹の付近との記事があります。
http://www.zen-temple.com/zatugaku/seiboku/seibokutop.htm
Posted by 高橋靖典 at 2016年10月13日 00:16
高橋靖典さん、コメントありがとうございます。

ここでは、お釈迦様が生まれた場所は触れていませんでしたが、無憂樹の付近だったのですね。

菩提樹にしても、無憂樹にしても、仏教では聖なる木ですね(^.^)

今後も、記事を見て補足情報などいただけると、とてもうれしいです !(^^)!

今後とも、当サイトをよろしくお願いします <m(__)m>
Posted by ひゅー at 2016年10月13日 07:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/361635310
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック