メニュー  

  特集記事  




お得なキャンペーン情報!!


  海外ツアーや旅行に関する、今だけのお得なキャンペーン情報をまとめました‼
  期間限定ですので、お見逃さずに

※直接キャンペーンサイトにジャンプします。

特集記事!!


  インド旅行を計画している人には必見です‼
  ひゅーの視点で、いろいろと比較・検討してみました。リンクも貼ってあるので、詳細ページにすぐに飛んでチェックできます




2013年01月29日

常にガスがかかり 冬に深い霧がでるインド

インドは、とても埃っぽい国です。家の中でもすぐに埃が積もってしまいます。
そして大気汚染もひどく、スモッグも発生する国です。

中国の大気汚染もニュースで取り上げられることがありますが、インドの大気汚染もなかなかすごいですあせあせ(飛び散る汗)

インドに着くとわかりますが、なんかガスっているんですよねぇ・・・たらーっ(汗)
遠くまでスッキリ見えないんです。

視界としては、1〜2kmぐらいですかねぇ。その程度が日常です。
こんな感じですね。

常にガスがかかるインド-1.jpg

↑常にガスがかかるインドの農村地帯


拡大するとこんな感じです。

常にガスがかかるインド-2.jpg

↑常にガスがかかるインドの農村地帯(拡大図)


こんな感じですっきりしないんですよ・・・バッド(下向き矢印)

奥には山も見えるはずなんですけどねあせあせ(飛び散る汗)
ガスって何も見えません・・・。
川霧でも朝霞でもないですよ。1日中こんな感じなんです。

街中はこうです。

常にガスがかかるインド-3.jpg


奥の方にも建物とかあるんですけどね・・・。
何も見えません・・・たらーっ(汗)

これが、冬などに激しい霧が発生するとこんな感じになりますexclamation×2

インドの激しい霧-1.jpg


インドの激しい霧-2.jpg


インドの激しい霧-3.jpg

↑インドの激しい霧


真ん中に明るい光が見えますが、それが太陽です。
すごい霧ですよね・・・あせあせ(飛び散る汗)

こうなると、飛行機は離発着できなくなり、この前のひゅーのように飛行機キャンセルの目に会いますたらーっ(汗)

視界は、5〜10mと言ったところでしょうか・・・。1台前の車が見える程度です。
もし、路上に人や牛がいたら、確実にはねてしまうような霧です。

この霧が、インド北部で発生しやすいんですexclamation×2
ヒマラヤ山脈の冷たい風が入り込むためだそうです。

だいたいお昼過ぎまで霧は晴れず数日続くのも特徴的ですね。
ひゅーは、この霧にはだいぶ泣かされましたよ・・・もうやだ〜(悲しい顔)


posted by ひゅー at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | インドはどんな国? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



あると便利な旅行グッズ特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。