メニュー  

  特集記事  




お得なキャンペーン情報!!


  海外ツアーや旅行に関する、今だけのお得なキャンペーン情報をまとめましたexclamation×2
  期間限定ですので、お見逃さずに
exclamation×2
 ※ 直接キャンペーンサイトにジャンプします。

特集記事!!


  インド旅行を計画している人には必見ですexclamation×2
  ひゅーの視点で、いろいろと比較・検討してみました。リンクも貼ってあるので、詳細ページにすぐに飛んでチェックできます
exclamation×2




2012年07月27日

歌に踊りのインド映画 (ボリウッド映画)

インドの最大の娯楽と言えば映画です。
インド人は、みんなインド映画が大好きexclamation×2 ハリウッド映画も上映はされていますが、圧倒的にインド映画の方が人気

そのため、インド映画は制作本数も映画館観客総数も世界一で、ハリウッドさえも超えるんですexclamation×2
そのため、ハリウッドにちなんで、インドのムンバイ(ボンベイ)の映画は「ボリウッド」と呼ばれているんです。

インド映画は、ヒンズー語で製作されるのが多いですが、南インドなど地域によってはヒンズー語も通じない地域もあるので、同じ国内でも、それぞれの地域でそれぞれの言語で別の映画が製作されているんです。
人口が11億以上いますからね。それがみんな映画好きなんですから、市場規模は巨大です。

そして、インド映画の回転はものすごく速くて、1週間ごとに新しい映画が公開されています。ほぼテレビ感覚ですねたらーっ(汗)

インドで大人気の映画は、インドの一大産業であり、映画俳優は超人気者です。
だから、リクシャーの後部や広告・看板には、映画俳優が多数起用されて、インドのどこに行っても目にします。
そして、インドの映画はちょっと変わっています

まず映画館ですが、こんな感じです。

インドの映画館.jpg

↑インドの映画館 かなりきれいな方


古い映画館は、とても汚くて日本人はなかなか入れないですが、最近はデパートの中や写真のようなちょっとしたショッピング・コンプレックス(小さいショッピングモール)にもできて、外人でも入りやすくなっています。

映画館によっては、1階・2階で料金が変わったりします。1階が一番安いです。
映画館の中に入ると、日本の映画館とだいたい同じような光景です。ポップコーンも売ってあります。サモサもありますけどね・・・あせあせ(飛び散る汗)

一番違うのは、映画が始まってからですね。
まず、映画館がシーンとはしていません。映画と共にインド人も盛り上がるので、笑い声や歓声やしゃべり声も入り乱れています。

古い下町映画館では、1階ではみんなで踊り始めるらしいです。
インド人にとって映画館はみんなと一緒に盛り上がって楽しむところなので、その上映している映画の音楽(サウンドトラック)をあらかじめ聞いて覚えて、映画を見ながらその音楽が流れた時に一緒に歌って盛り上がるということもするようです。
恐るべし、インド人・・・たらーっ(汗)

そして、何とインドの映画館では、映画の途中に休憩時間があるんですexclamation×2
ちょうど真ん中ぐらいで、15分くらい休憩時間が取られて、みんなトイレに行ったりしています。

まぁ、インド映画が非常に長くて3時間ぐらいありますからね。分からないわけでもないですが・・・。

そのインド映画は、ハリウッド映画とは比較にならないほどに低品質ですexclamation×2 大掛かりなセットもなければ、CGもありません。日本の30年くらい前の合成技術ぐらいのは見たことがあります。

踊りなんかも、ちょっとずれているぐらいは全く気にしません
映画製作にも、インドの国民性が強く出てますね。

日本でも、だいぶ前に「ムトゥ 踊るマハラジャ」という南インドの映画が日本で流行ったことがありますが、あるが典型的なインド映画ですね。

だいたいの流れとしては、貧しい使用人が主人や周囲から しいたげられて、それでも一生懸命がんばって、主人の娘やどこかの娘と恋に落ちて、でもうまくいきそうなところでまたどん底に突き落とされて、それでもがんばって悪を退治して、ハッピーエンドexclamation×2

ものすごくわかりやすい流れです。
映画「ロッキー」のような流れと言えばもっとわかりやすいですかね。
だから、ヒンズー語が分からなくても、十分流れが理解できて、一緒に笑えたりしますわーい(嬉しい顔)

そして、映画には必ず歌や踊りがいたる所にちりばめられ、ミュージカルなんじゃないかと思えるほどです。
また、ヌードやキスシーンは禁止されているので、絶対にありません。

JALなどのインド便では、機内でインド映画も放映していますので、現地以外でも楽しめますけどね。
街で、ボリウッドのDVDを買って帰るのもいいですね。ひゅーもいくつか持っています。

インドに行ったら、ぜひボリウッド映画を一度は楽しむことをお勧めしますexclamation×2



posted by ひゅー at 22:18 | Comment(4) | TrackBack(0) | インドの文化って? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひゅーさんこんばんは。
実は今、Yahoo!のGyaoという動画配信サイトの配信映画の1本が「ROBOT」というインド映画で、
まだ途中までしか見ていないのですが、妻とけっこう楽しんで観ています。
でも、依然YouTubeで少しだけ見た「踊るマハラジャ」に出ていた俳優と同じような気がするのですが...
他にダイジェストで見たのも、同じ俳優さんだったような。超人気者の俳優さんなんでしょうか?
Posted by misapapa at 2013年08月16日 19:22
misapapaさん、コメントありがとうございます。

ひゅーは、「ロボット」という映画は、インド映画にしてはお金をかけた映画として名前だけは知っていますが、まだ見たことがなくちょっと俳優さんもよくわかりらないですねぇ (^_^;)

ネットで調べてみると、「踊るマハラジャ」と同じ俳優さんのようですね。

でも、「踊るマハラジャ」は、インド南部の映画なので、正確にはボリウッドとはちょっと違うようです。

ひゅーの身の回りのインド人は、誰も「踊るマハラジャ」のことは知りませんでしたし・・・ (^_^;)

インドで はやっているのが日本に持ち込まれているとは限らないようで、その俳優さんも、インドですごく人気のある俳優さんではないですね。

人気のある俳優さんは、いろいろな看板やCMにものすごく出ていますが、その俳優さん(Rajnikanth)はあまり見かけませんねぇ (^_^;)
Posted by ひゅー at 2013年08月16日 20:57
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Posted by 株の勉強 at 2014年05月04日 13:44
株の勉強さん、コメントありがとうございます。

ちょっとしばらく記事をアップできていないのですが、また更新しますね !(^^)!

今後とも当サイトをよろしくお願いします!!
Posted by ひゅー at 2014年05月05日 20:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック